FLOW

制作の流れ

LIFE STYLEに合わせた家具を作りませんか!

DERTUREでは、お客様のイメージに合わせた家具づくりのお手伝いをさせていただきます。

「このスペースに収まるシェルフが欲しい」
「既製品にはないデザインの家具がいい」
「安心して末永く使いたい」

世界に一つだけの家具を、お客様と一緒に製作させていただきます。

01
オーダーのご相談
まずはこのサイトのオーダーのご相談フォームより、お問い合わせください。
02
 制作のお打ち合わせ

遠方の方は電話またはメール、福岡近隣の方でしたらお伺いしてお打ち合わせをします。

Question 01

お客様のイメージ、ご使用方法をお伝えください。

置く場所のサイズ、今のお悩み、何を収納するかなどをヒアリングし、様々なノウハウからご提案させていただきます。

Question 02

製作させて頂く家具の材料をお選びいただきます。

テーブルの場合

テーブル天板の種類をお選びください。
  ウォールナット、ホワイトオーク、ブラックチェリー、杉、古材等、画像や多数のサンプルからお選び頂けます。

テーブル脚の材料をお選びください。
  角パイプ、Lアングル、配管パイプ等、画像や多数のサンプルからお選び頂けます。
  ステンレスでの製作も可能です。

仕上げ方法をお選びいただきます。
  木材部分は、オイル仕上げ、ウレタン塗装よりお選びください。
アイアン部分は、ウレタン塗装、ウレタンクリアー塗装、オイル仕上げ、オイル焼仕上げ、よりお選びいただけます。

オイル仕上げのメリット

  • 表面を膜で覆っていないので手触りが木のそのまま
  • 木が呼吸するかのように部屋の調湿をする
  • 有害な化学物質を含まない
  • 使うほどに味がでる
  • へこみやすいが、戻りやすい
  • 再塗装が容易で自分でできる
  • 何年たっても劣化で塗装がはげることはない

オイル仕上げのデメリット

  • 塗膜がないので、急激な乾燥などで割れ や反りが発生することもある
  • しみや汚れがつきやすい
  • 数年に一度はオイルの塗りたしが必要

ウレタン仕上げメリット

  • 表面に硬い膜をつくるので汚れやしみが付着しにくい
  • 定期的なメンテナンスの必要なし
  • 木の呼吸を抑制するので割れや反りが発生しにくい

ウレタン仕上げのデメリット

  • オイル仕上げに比較して高価
  • どんなよい木を使った家具でも触っているのはプラスチック樹脂の膜
  • 化学物質を含む
  • 古くなると(約20年)劣化により表面の樹脂がはがれてくる
  • 再塗装は工場持ち込みの必要あり

Question 03

制作のお見積額を確認ください。

後日メールにてお見積もりをお送りしますので、ご確認のうえご検討ください。

03
デザイン確認・図面制作
お見積もりについてよろしければ、図面を作成します。デザイン・図面についてご納得いただけましたら、正式なオーダーとなります。
04
ご入金
ご入金の確認が出来ましたら、早速家具の製作に取りかかります。
05
製作
完成しましたら、メール等で写真をお送りし、よろしければ配送いたします。制作開始から納品まで、およそ1〜2ヶ月ほどでお作りします。
06
納品
商品をご確認ください。お客様ご自身によるお持ち帰りを基本としておりますが、遠方の方へは配送も承ります。

YOUR FUNITURE ?

オーダー家具のぬくもりをあなた生活にも。